Pocket

スポンサーリンク

マタニティクラス初日

私の受講しているマタニティクラスは、出産する予定の病院で開催していて、2時間30分のクラス全3回で、3週間にわたって行われるものです。

出産する病院と、普段通っている婦人科のドクターズオフィスは違うので、マタニティークラスの情報は自分で探して予約しました。

(関連記事:アメリカでの出産準備 出産する病院やマタニティクラスの予約など マタニティークラスを受講する場所や、予約する時期などについて書いています。)

クラスは、看護師が講師で、約10組ほどのカップルが参加していました。

自己紹介

始めに各カップル自己紹介を行いました。

自己紹介で話したことは、

  • 出産予定日
  • 通っているドクターの名前
  • 赤ちゃんの性別や名前
  • 妊娠してからの食べ物の好み
  • 住んでいるところ
  • カップルの出会いについて

などです。

スポンサーリンク

妊娠してから好きになった食べ物が同じだったリ、出産予定日がおなじだったりと、そのような情報をシェアする中で、皆お互いの面白い共通点を見つけることができ、楽しい時間となりました。

マタニティクラス第一回目で勉強したこと

第一回目で勉強したことは、

  • 陣痛についての詳細、
  • 陣痛に対しての対処の仕方、
  • いつの時点で出産予定の病院に行くべきか、
  • 出産時に持っていくべきもの等、
  • 出産する場所についての情報等、

看護師さんの講義とビデオでとても分かりやすく学ぶことができました。

ビデオは実際に出産に臨んだカップルを撮影したものを使っていました。

出産のシーンは自然と感動して泣いてしまいました。

参加して本当によかったマタニティクラス

習ったことはいずれも知らないことばかりで、参加して本当に本当に良かったです。

参加するのとしないのでは不安な気持ちで出産を迎えるのでなく、大きく安心した気持ちで出産にのぞむことができるという大きな違いが生まれると思いました。

スポンサーリンク