Pocket

スポンサーリンク

David Bridal(デイビッドブライダル)

David Bridalは、アメリカ最大級のウェディングドレスチェーンストアです。

取扱商品は、

  • ウェディングドレス
  • ブライズメイドドレス
  • マザーオブブライドドレス(花嫁のお母さん用のドレス)
  • ベール
  • ヘアアクセサリー
  • フラワーガールのドレス
  • その他ゲストブックなどの様々なウェディングアイテム

も取り扱っています。

ウェディングドレスはヴェラ•ウォン(Vera Wang)などの有名デザイナーのドレスも取り扱っています。

実際にDavid Bridal(デイビッドブライダル)に行ってみた感想

実際に店舗に行くと、ウェブサイトに載っているだけでもかなりのドレスの量なのに、更に素敵なドレスがいっぱいで圧倒されてしまいました。

店内は広いので、あまり緊張せずに気軽にゆっくりドレスを見ることができると思います。

見るだけでしたら予約が入りませんが、試着の場合は予約が必要です。

(関連記事:David’s Bridalでの試着をするには)

 アメリカではウェディングドレスをお直しして一人ひとりにぴったりに仕上げるのが主流

日本では、アメリカに比べた場合、皆平均的な体型が多く、体型のばらつき少ないので、ぴったりのドレスさえ選べば、お直しの必要がない場合も多いですね。

アメリカでは、ドレス購入後、自分の体型ぴったりにお直しをするのが主流なので、サイズが合わなくて当たり前と考え、お直しする前提でドレスを選びます。

私も日本人女性の平均的な体型に入ると思いますが、ウェディングドレスの試着の際、アメリカサイズで1番小さいものを選んでも、どれも結構ブカブカで、完全にぴったりなドレスというのはありませんでした。

ですのでお直しをして、私の体型にぴったりのドレスに仕上げてもらいました。

スポンサーリンク

 

結婚式費用の節約について。David Bridal(デイビッドブライダル)は、日本の一般的なウェディングドレスに比べて断然安い。

日本にいる間に、どんなドレスを買いたいか、David’s Bridalのウェブサイトでドレスをチェックしていました。

特に日本で結婚式の準備をしながらだったので、その安さにびっくりしてしまいました。

安いドレスなら$100以下でも探すことが出来ますし、予算$1000ドルもあれば、充分沢山の選択肢の中からドレスを選ぶことが出来ます。

日本では何十万も出してドレスのレンタルをしていたのに、アメリカでドレスを探すときは、$1000以上だと高く感じてしまうようになっていました。

こんなことから、日本で結婚式をする前にアメリカや、ハワイに旅行をする機会がありましたら、1つの節約術として、David’s Bridalのドレスを日本の結婚式に使うのもオススメです。

お直しについては、David’s Bridalでも行っていますが(有料)、お直しに更に予約が必要なのと、仕上がりまでにアメリカは日本よりもずっと時間がかかるので、短期間の旅行でDavid’s Bridalのドレスを購入する場合は、お直しは日本で行うのがいいと思います。

また、David’s Bridalのウェディングドレスやブライズメイドドレスなどは、日本からでも海外の商品を購入することのできるBuymaでも購入可能です。

日本の結婚式場と提携しているドレスショップでレンタルするよりも、何倍も安い費用に抑えることができると思います。

保存

保存

スポンサーリンク