Pocket

スポンサーリンク

ダイパーバッグ(マザーズバッグ)は必要?

アメリカでは、マザーズバッグのことをダイパーバッグ(diaper bag)といいます。

「ダイパー」は、英語で「おむつ」の意味です。

ベビーレジストリを作る際に、レジストリ登録先のお店のベビーレジストリチェックリストを参考にしたと以前の記事に書きましたが、ダイパーバッグがリストにあったので、本当に必要か、どんなタイプのダイパーバックがいいか、YouTubeのハウルビデオを参考に、リサーチしていきました。

(ベビーレジストリについての記事はこちら:
出産後に必要なアイテム準備に大活躍のベビーレジストリチェックリスト

(ハウルビデオについての記事はこちら:
ベビーレジストリ 作成の際に参考になったもの5選

ダイパーバッグは、大抵、大きめで、沢山のものが入るように出来ています。

なので、肩にかけるタイプのバッグだと、重くて肩が凝ってしまいそうだったので、背負うことの出来るバックパック(リュック)のタイプにしたいと思い、バッグパックのタイプを中心にリサーチしていきました。

私が参考にしたビデオはこれ。

ハウルビデオも見て、研究した結果、赤ちゃんと外出する際には、様々なもの(おむつ、おむつのポータブルチェンジングパット、チェンジングパッドの上にひくシート、ミルクなど。)の持ち運びが必要になるので、私の中で、やはりダイパーバッグは必要という結論に至りました。

スキップホップ フォーマ バッグパック リュックサック マザーズバッグ (Skip Hop Forma Diaper Backpack)

見た目もおしゃれなものが良かったので、このハウルビデオで紹介しているスキップホップ 【 フォーマ バッグパック 】 リュックサック マザーズバッグに決めて、ベビーレジストリに登録しました。

ベビーシャワー当日に参加出来ない友人が、私のベビーレジストリを見て、このアイテムを郵送で贈って下さいました。

ダイパーバック、これにして大正解でした!

まず見た目がシンプルでおしゃれ。

 

沢山ものを入れても、やはりバッグパック(リュックサック)のタイプなのと、このバックパック自体が軽くできているので疲れません。

スポンサーリンク

中を開けると、仕切りのポケットがいくつもあって、収納しやすいだけでなく、便利なポーチがセットになっています。

そのうちの1つのポーチは中が保温シートになっていて、ミルクなど、温度を変えたくないものを持ち運ぶのに便利。

もう1つのポーチはメッシュのポーチになっています。

2つのポーチがちょうど2つとも一緒にバックパックの外側のファスナーのついたポケットに入るようになっています。

また、おむつを外出先でも変えることのできる便利なチェンジングパッド(おむつ替えマット)もセットでついてきます。

SKIP HOP スキップホップ おむつ替えシート バック オムツ シート スキップ ホップ 贈り物 ギフト 子供

出産の際のホスピタルバッグとしても早速活躍しました。

(ホスピタルバッグについての記事はこちら:
アメリカ出産のための入院バッグ(ホスピタルバッグ)の準備1

出産祝いのギフトとしてもおすすめのアイテムです。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

スポンサーリンク