Category: 日本での国際結婚式

日本での結婚式 お金をかけて良かったポイント 料理について

スポンサーリンク 結婚式でお金をかけて良かったポイント。 これはもう絶対に料理でした。 結婚式準備中に、色々な人から意見を聞きましたが、料理が美味しいのが1番だと。

結婚式を挙げて良かったと思う理由

結婚式を挙げてよかったと思う3つの理由

結婚式を挙げてよかったと思う3つの理由 アメリカ人の主人と、日本とアメリカでの約2年間の遠距離恋愛を経て、日本とアメリカで結婚式を挙げて結婚しました。 結婚式の準備がとても忙しく、何のために結婚式を行うんだろうと、結婚式の準備中に考えたことがよくありました。 結婚式を数年前に終えて、今では結婚式を挙げて本当に良かったと、確信して言い切ることが出来ます。 私が思う、結婚式を挙げて良かった3つの理由を書こうと思います。

日本とアメリカの結婚式 席次表作りの違いや配慮したこと

日本の結婚式の席次表作りと文化の違い 日本の結婚式は私が日本で準備し、アメリカの結婚式はアメリカに住んでいる彼が準備していきました。 日本の結婚式には彼の家族、友達がアメリカから来てくれることになっていました。 日本の席次表は家族、親族は新郎新婦から離れた後ろのテーブルに配置するように作成しますね。 それを彼に伝えると、

海外のウェルカムボード

ウェルカムボードとプチギフト 日本での国際結婚式で選んでよかったアイテム

ウェルカムボードの理想の条件 日本の友だちの結婚式では、新郎新婦の写真を等身大のウェルカムボードにしていたり、カップルで撮った写真を集めて作ったウェルカムボードなどを用意していました。 いざ自分の結婚式となったときにどうしようかと、中々いいアイディアを思いつくことが出来ずにいました。 日本の結婚式から2か月後にはアメリカに移住する予定になっていたので、荷物になるようなウェルカムボードにはしたくなかったのと、色々調べると結構高いウェルカムボードが多くて、その時しか使わないのだから(アメリカまで持っていけない可能性もあるので)、あまり高いのはいやだなあ、というのが私の気持ちでした。

日本の国際結婚式 選んでよかった両親へのギフト

結婚式の両親へのギフト探し 結婚式では、思い出に残って、なおかつ実用的なもの、そしてありきたりでない贈り物を両親に贈りたいと考えました。 そして、海外から来る旦那さんのお父さんにも、海外に持って帰れるもの、という条件で考えていきました。 友達の何人かが、生まれた時の体重と同じ重さのぬいぐるみを両親のギフトとして贈っていたことを思い出して、それもいいなあと思いました。 ですが、

花嫁とゲスト

ゲストとの交流の時間を沢山持つことができた日本での結婚式

日本の結婚式の準備の際に、余興のアイディア等でとても悩んでいたのですが、一番大切にしたかったのは、新郎新婦とゲスト、またゲスト同士の交流が持ちやすいような結婚式にしたい、ということでした。 なぜなら今まで参加した日本の結婚式では、なかなか新郎新婦と話せる時間が限られていて、写真を新郎新婦のところまで一緒に撮りに行くときしか話せない、などというときもあったので、出来れば参加してくれたゲストと一緒にもう少し話せる時間が欲しいなあと思っていました。 考えた末、

日本の国際結婚式の司会と通訳

日本の結婚式では、旦那さんの家族と友達がアメリカから来てくれるので、通訳をどうしようかと悩んでいました。 司会の方に式次第は、日本語と英語で言ってもらったとしても、それぞれのスピーチの内容まで通訳してもらえないし、というのが悩みでした。

日本での国際結婚式 選んでよかった和装とドレス

日本の結婚式は、和装とお色直しでピンクのカラードレスにしました。 白無垢と袴 国際結婚式で和装を着て本当に良かったと思いました。 何より旦那さんがすごく喜んでいたし、アメリカから来てくれた旦那さんの家族もすごく珍しかったみたいで、未だに皆アメリカに帰ってきてからいろんな人にその時の写真を見せています。 挙式では綿帽子、披露宴では綿帽子をとって、かつらに白無垢で登場しました。 最初はかつらではなくて、いまどきの和装ヘアにしたかったのですが、母の強い勧めで日本の伝統的なかつらをかぶることにしました。 かつらに関しては初めは気が全然のらなかったのですが、

自分だけのオリジナルのブーケと花冠を用意するアイディア

日本の結婚式もアメリカの結婚式も、ブーケのイメージのヒントをピンタレストで探しました。 海外のおしゃれなウェディングの写真を沢山見つけることができるし、見ているだけでも楽しい作業でした。 英語では bouquet とか flower crown などの言葉でブーケや花冠の検索ができます。 ピンタレストで、気に入った花冠とブーケの組み合わせの写真を絞り込むことができました。 こちらのリンクに載っている写真の花冠とブーケです。 結婚式場の提携の花屋さんでは、自分のイメージのブーケだととても高くてできないので、どうしようかなあと思っていたところ、