David Bridalと日本の結婚式のウェディングドレス節約術

David Bridal

David Bridalは、アメリカ最大級のウェディングドレスチェーンストアです。

取扱商品は、

Vera Wangなどの有名デザイナーのドレス、
ベールや、ヘアアクセサリー、

フラワーガールのドレス、ブライズメイドドレス、

マザーオブブライドドレス(花嫁のお母さん用のドレス)、

その他ゲストブックなどのウェディングアイテムも取り扱っています。 more “David Bridalと日本の結婚式のウェディングドレス節約術”

Say Yes To The Dress ウェディングドレス選びのリアリティー番組

私達の結婚式の1年後に結婚式を挙げたアメリカ人の友達が教えてくれた番組 Say Yes To The Dress のご紹介をします。

この番組は、花嫁がドレスショップで運命のウェディングドレスを選ぶまでの様子を放送するリアリティー番組です。

ドレス選びだけでなく、そのカップルの馴れ初めや、 more “Say Yes To The Dress ウェディングドレス選びのリアリティー番組”

David’s Bridal(デイビッズブライダル)でのウェディングドレスお直し バッスルについて

私のウェディングドレスのTrain(トレーン、引き裾)は、長く、引きずるタイプでした。

アメリカの結婚式では、新郎新婦のファーストダンスから始まり、とにかくダンスを沢山します。

それで、アメリカでは、トレーンの長いドレスの場合、 more “David’s Bridal(デイビッズブライダル)でのウェディングドレスお直し バッスルについて”

David’s Bridal(デイビッズブライダル)でのウェディングドレスお直し 採寸について

David’s Bridalでウェディングドレスを試着し、ドレスを決定した後は、お直しでした。

ドレスを購入後、David’s Bridalで、ドレスを来ての採寸をする日の予約を入れます。

お直しのことを英語でAlteration(オルタレーション)といいます。

ウェディングドレス選びの際などに沢山使う単語なので、覚えておくと便利な単語だと思います。

体のすみずみまで自分にぴったりのサイズにするために、お直しをするというのがアメリカでは主流です。
とっても細かくサイズを測り、ぴったりのドレスに仕上げます。

日本ではドレスを試着した後、お直しが必要ないということも多くあると思うのですが、アメリカでは様々な人種の人がいて、日本人のように平均的体形というのがないからかもしれません。

採寸の予約の日には、購入したドレスとパニエ、結婚式に履く靴を持っていき、全て身に着けて採寸します。
採寸にはトータル1時間30分かかりました。

アメリカのドレスは大きいものが多くて、小さい日本人サイズのものを見つけるのが大変でした。

お直しは、日本と違ってとても時間がかかり、短くても約1か月半は見ておいた方がいいと思います。

私は結婚式まで1か月を切っている状態で渡米したので、アメリカに到着してから大急ぎでドレスを選び、試着をし、採寸してお直しを注文しました。

日本からの友達もブライズメイドをしてくれましたが、結婚式の1か月も前に休みを取ってアメリカに来ることはできないので、日本で細かく腕の長さから肩幅からバスト、腰回り等採寸をしてもらい、なんとか当日に間に合うように準備をすすめていきました。

日本の感覚からすると、なんでそんな細かいサイズの情報が必要なの?って思ってしまう人も多いかもしれませんが、アメリカのドレス選びの際は、こんな状況があり、それがとても重要になるようです。

David’s Bridal(デイビッズブライダル)での試着 予備知識&準備しておくと良いこと

初めて訪れたDavid’s Bridal

私はアメリカ人の彼とは日本とアメリカで2年間遠距離恋愛をしていたのですが、アメリカの結婚式の行われる約1か月前にアメリカに引っ越してきました。

アメリカに来る前に、David Bridal で着たいと思うドレスの研究をしていました。

more “David’s Bridal(デイビッズブライダル)での試着 予備知識&準備しておくと良いこと”