国際遠距離恋愛中のバレンタイン アメリカのバレンタイン

日本と違うアメリカのバレンタインデーの習慣

来月もうすぐバレンタインデーなので、国際恋愛中のバレンタインデーのときのことを書いてみたいと思いました。

アメリカのバレンタインデーは、日本とは違ってどちらかというと、男性が女性に日頃の感謝の気持ちを表す日です。

なので、その女性が、彼女や奥さん、というだけでなく、お母さんであったりもします。

ここで、どちらかというとと言ったのは、かといって必ずしも男性だけが贈り物をする、という風に限られているわけではなく、

カップルの場合は、2人で食事に出かけたり、ギフトを贈りあったりすることがとても多いです。

ですので、アメリカにはホワイトデーがなく、2月14日は男性から、3月14日は女性から、といった立て分けがありません。

また、義理チョコのようなアイディアもありません。

アメリカの人達に、ホワイトデーや義理チョコの話をすると、とても驚かれます。

バレンタインシーズンになると、バレンタインのメッセージカードが沢山店頭に並ぶようになります。

どのメッセージカードにも、選ぶのを迷ってしまうくらい、素敵なメッセージが書かれているので、相手にぴったりなメッセージカードを選んで送ることができます。

アメリカに移住してからのバレンタインデー

アメリカに来て最初のバレンタインデー前に、義理のお母さんが以上のようなアメリカのバレンタインデーの習慣について教えてくれ、

主人に私からもギフトを贈ることができるよう、バレンタインデーのためのショッピングに連れて行ってくれました。

そして、私から、主人にマッサージスパのギフト券、メッセージカードをプレゼント。

主人からはバラの花と、チョコレートを贈ってもらい、一緒に食事にも出かけました。

その翌年は、一緒にバレンタインの食事に出かけ、お義父さん夫妻からもギフトを頂きました。

遠距離恋愛中のバレンタイン

遠距離恋愛中、私は日本に、主人はアメリカに住んでいました。

主人は、離れていても何とかして私にギフトを贈りたいと思ってくれていたそうで、私の日本の友人達に、こっそりどうしたらいいか相談していたそうです。

友人は、楽天とアマゾンなら、アメリカからでも、購入して、送り先を日本の宛先にすれば大丈夫だよと教えてあげ、色々なお店のリンクを主人に送ってあげたそうです。

優しい友人に感謝です。

主人は、友人から教えてもらった楽天とアマゾンのお店を使って、テディベア、チョコレート、花束のギフトをバレンタインデーまでに到着するよう送ってくれました。

主人は、何を贈るか、というのは内緒にしてましたけど、バレンタインデーに贈りたいものがあるから職場の住所を教えて、と連絡をくれました。

職場なら確実に受け取りができると思うし、職場のみんなもきっと羨ましがるよ、とのことだったのですが(笑)

日本ではあまりそうゆう習慣がないので恥ずかしいから、自宅に送って欲しい、と言って、自宅に送ってもらいました。

別のアメリカ人からも聞いたのですが、アメリカでは職場に彼氏&彼女や、配偶者から、そのようなギフトを送るのは、よくあることだそうです。

今でもすごく素敵な思い出になっています。