Category: アメリカの結婚式準備 Page 1 of 3

結婚式を挙げて良かったと思う理由

結婚式を挙げてよかったと思う3つの理由

スポンサーリンク 結婚式を挙げてよかったと思う3つの理由 アメリカ人の主人と、日本とアメリカでの約2年間の遠距離恋愛を経て、日本とアメリカで結婚式を挙げて結婚しました。 結婚式の準備がとても忙しく、何のために結婚式を行うんだろうと、結婚式の準備中に考えたことがよくありました。 結婚式を数年前に終えて、今では結婚式を挙げて本当に良かったと、確信して言い切ることが出来ます。 私が思う、結婚式を挙げて良かった3つの理由を書こうと思います。

結婚式を盛り上げるコンフェッティパーティーポッパー

アメリカの結婚式 新郎新婦の入場&退場を盛り上げる祝福アイテム 3選

アメリカの結婚式 新郎新婦の入場&退場を盛り上げる祝福アイテム 3選 アメリカの自分たちの結婚式や、参加した結婚式から、新郎新婦の入場&退場を盛り上げるのに役立つと思ったアイテムがいくつかあるのですが、その中から3つ紹介したいと思います。

写真

ウェディングにパーティに おしゃれなフォトブースアイディア

フォトブースの活躍シーン アメリカに来て思ったのが、フォトブースが使われている機会がとても多いということです。 今までフォトブースを見たシーンをまとめてみると…。

日本とアメリカの結婚式 席次表作りの違いや配慮したこと

日本の結婚式の席次表作りと文化の違い 日本の結婚式は私が日本で準備し、アメリカの結婚式はアメリカに住んでいる彼が準備していきました。 日本の結婚式には彼の家族、友達がアメリカから来てくれることになっていました。 日本の席次表は家族、親族は新郎新婦から離れた後ろのテーブルに配置するように作成しますね。 それを彼に伝えると、

ブライズメイドに準備するものや贈り物のアイディア

私達の結婚式でブライズメイドに必要だったものは、 ドレス 靴 ブーケ ヘアメイクアップ

アメリカの結婚式 ファーストダンスとレッスン

アメリカの結婚式の最初は、ファーストダンスから始まることが多いです。新郎新婦2人のダンスで、よくゆっくりで、ロマンティックな曲が使われます。 例えば、Ed Sheeranの Thinking Out Loudみたいな曲はfirst danceの曲として人気です。 ファーストダンスの次は、

アメリカの結婚式 料理を決めるまで

アメリカの結婚式の1か月前まで、日本で働いていたので、旦那さんとの準備はほとんど遠距離でやり取りをしていました。   アメリカでは、日本のように式場を決めると、その式場と提携している業者がセットでついてくるわけでは

アメリカの結婚式 遠方からのゲストの交通費や習慣の違いなど

アメリカでお車代を出す習慣はあるか 日本で挙げた結婚式では、遠方から来てくれた友人に、交通費と宿泊代を合わせた旅費をお車代としてお渡ししました。 アメリカではこのような「お車代」を渡す習慣はあるのでしょうか。

アメリカの結婚式 ブーケとwedding flowers(装花)

アメリカの結婚式の1か月前までは、日本で働いていたので、準備は旦那さんと遠距離でやり取りをしながらすすめていました。 ブーケと装花についても、ピンタレストで共通のボードを作ってお互いのイメージを交換していました。 ピンタレストはウェディングプランニングにすごく便利で、アメリカのプランナーの人からもピンタレストでイメージのピンを送って欲しいとの依頼があったりしました。 ピンタレストを見ている中で、

ブライズメイドドレスが仕上がるまで

ブライズメイドドレスを決定する前に大事なことは、結婚式のテーマとカラースキームを決めることです。 (関連記事:ウェディングカラースキームの決定 ウェディングのアイディアが沢山つまった”Real Wedding”) これが決まれば、ブライズメイドドレスの色の選択肢も絞られてきます。 私たちの結婚式のカラースキームから、ブライズメイドドレスの色はピンクに。 購入はDavid’s Bridalですることになりました。 全体のバランスを考えて背が高いブライズメイドにはロングドレス、背が小さめのブライズメイドには膝丈のドレスを着てもらうことに。 4人のブライズメイドのうち、1人は日本から来てくれる友達だったので、